先輩からのメッセージ

  • HOME
  • 先輩からのメッセージ

株式会社大一広告で働く先輩社員から、当社を目指す皆様へメッセージを預かって参りました。
先輩社員がどのような意思をもって仕事をしているか、入社後はどのような仕事ができるのかなど、参考にしていただければと思います。

日々成長中! 先輩Iさん

大一広告に入ろうと決めた理由

実は、広告会社のことをあまり詳しく知らないまま、何となくのイメージで面白い仕事ができそうだなと思って応募しました。そして面接の時に面接官の方と色々な話をしていく中で、様々な仕事や人と関われる仕事で、やりがいもあると感じました。漠然としていたイメージが形になり「ここで、こういう人と一緒に仕事をしたい」と思いました。

仕事のやりがい

まずはクライアントとの「コミュニケーション能力」が求められます。また、メーカーのようにカタチのある製品を売るわけではないので、新たな提案ができる「クリエイティブな思考」も必要です。そして、広告を売るためにはまず「自分を売る」こと。自分を気に入ってもらうことや、人間関係を構築する重要性を日々実感しています。規模の大きな会社ではないので、営業・制作・内勤の枠を越えて何でもやらなければいけない。逆に言うと、やりたいことが何でもやれる、自分の裁量の範囲が大きい、とてもやりがいのある職場です。

メッセージ

社会の枠組みも大きく変化してきました。その変化はおそらく今後もとどまることはないでしょう。それだけに日々の努力や自己研鑽が求められることになりますが、常に刺激的であり、高いモチベーションを維持できている要因の一つでもあります。好奇心旺盛でチャレンジを楽しめる新しい仲間と、同じ職場で働けることを楽しみにしています。

お客さんの喜びが自分の喜びに。 先輩Sさん

大一広告に入ろうと決めた理由

地元で就職したい、と思ったことがきっかけです。しかし、地元で就職してもできる仕事や人は限られてしまいます。なるべく色々な人と関われる仕事、色々な人に喜んでもらえる仕事がしたいと思い、広告会社での就職を思いつきました。

仕事をする上で心掛けていること

お客様に納得していただけること。営業で結果がでなくて悩んでいた時、先輩に言われた言葉が自分の中で一番響いています。
説得することは簡単だけど、納得させることは難しい。理解していても腑に落ちないと相手は動かない。自分の中でストンと落ちて消化したときに初めて納得でき、それが契約につながる。と、私の方が納得してしまいました。さすが先輩です。その話をした後は「なんで納得してもらえないのだろう」「どこが引っかかっているのか」と自分を見つめ返しました。
今では多くのお客様に「お付き合いしてよかった」と言ってもらえ、私も自分の仕事に誇りを持っています。いつか私も後輩に、こんなアドバイスができるような先輩になりたいです。

メッセージ

大一広告で「頑張ること」を思い出しました。子どもだったころは毎日が全力で、常に頑張っていましたが、大人になるにつれて悪知恵や損得感情で動くことを覚えてしまいました。
もちろんそれも時には必要な時もあるでしょう。でも、私はこの会社に入って、頑張ること・努力することを思い出し、それを見てくれている人がいることも知りました。
努力は裏切らない。みなさんにも是非それを感じてほしいです。